【幻の泡盛泡波】波照間島の数少ない居酒屋「味◯ (ミマル)」に行った!

波照間島の居酒屋をご紹介。

島は素泊まりも多いので、夕飯は売店で買うか、島に2店舗しかない居酒屋のみ。

なので、絶対に予約するのがおすすめ!

売店で買ってゆんたくするも良いのですが、あったかい料理が食べたい気分でしたので予約しました。

6時半に行くと、すでに満席!後から数客来ていましたが、断られていました・・・他に行くあてもないので辛いでしょうね。

島で取れる野菜や魚が美味しい創作料理

とはいえ正直、島で2点しかない居酒屋だし、料理にあまり期待していなかったのですが・・・

全部うまい!!

マグロやカツオ以外に、イラブチャーなど沖縄の鮮魚も盛り合わせています。

八重山そばを使ったあんかけ焼きそばも絶品!

他にも長寿草入りの餃子も名物で、美味しかったです!

海で冷えて疲れた体に、美味しくて暖かい料理が沁みます。。

あとで、宿の人に聞くと、味◯は割と新しくできたお店で、店主は以前は中華料理店をされていたとか。

確かに、エビチリや麻婆豆腐など、中華寄りのメニューが多くありました。

手頃に飲める幻の泡盛、泡波

やはり、欠かせないのが泡波ですよね。オリオンビールで軽く酔ったところで、泡波。

グラスからボトルキープ、他の泡盛との飲み比べを取り揃えています。私たちは泡波2合瓶で注文。

味◯では、泡波2合瓶(水割りセット付)、1500円!

しかも残ったら持ち帰りOK!

や、安い!

本島へ行くと3倍はします!3分の1ほど残ったので、持ち帰りました。

島人や、連泊する人はボトルキープするんでしょうね。棚はいっぱいになっていました!

波照間島に泊まる際、宿に夕食がついてなかったら、ぜひ味◯へ行ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です